「宿泊施設管理システム」と「サイトコントローラー」の違いは何ですか?

ホテル、B&B、ホステルなどのホスピタリティビジネスを運営するにあたり、自分たちで何とかしようとすると時間がかかり、ストレスがたまることが多々あります。現在、多くのホテル経営者は、今までは手作業で行ってきた仕事のほとんどを行なってくれるシステムを利用しています。もしかすると、あなたご自身もそのようなシステムを試してみようと考えておられるところかもしれません。このブログでは、「宿泊施設管理システム」と「サイトコントローラー」の違いについてご説明致します。この情報がご自分に合ったシステムを見つけるお役に立てばうれしく思います。

宿泊施設管理システム

PMSとも呼ばれる宿泊施設管理システムは、宿泊施設の毎日の運営を管理するオンライン予約システムです。宿泊施設管理システムは、ハウスキーピングの整理、ゲストへのメール送信、オンライン予約の受け入れ、支払い処理、そしてさらに沢山の複雑な作業を処理することができます。

あなたの宿泊施設を管理するために必要なものはすべて自動化され、事務処理やオーバーブッキングはほとんどなくなり、システムがあなたに代わってゲストへの確認メールを送信してくれるのでその心配をする必要もありません。自由にできる時間が増えるので、新しい趣味を始めたり、待ち望んでいた休暇を取ることもできるでしょう!

宿泊施設管理システム(PMS)では、オンライン予約フォームから直接予約を受け取ることもできますが、多くのホテル経営者は、さらに宿泊客を増やすために予約サイトも使用したいと思うことでしょう。しかし予約サイトから予約を受け取るためには、さらに他のシステムが必要になります…

サイトコントローラー

まず初めに、予約サイトとは何ですか?

予約サイトとは、ホテル経営者がホテル、B&B、またはホステルなどを宣伝して、人々がオンラインで予約できるようにするためのウェブサイトのことです。おそらく聞いたことがある人気のある予約サイトには、Booking.com、Hotels.com、Expediaなどがあります。

貴施設がご自分のウェブサイトを持っている場合には、予約サイトからの予約が入った時に、貴ウェブサイト上でも空室状況が更新される必要があります。そうでなければオーバーブッキングが発生してしまいます。また、1つまたは複数の予約サイトに接続したい場合、宿泊施設管理システムは各予約サイトと通信する必要があります。そこでサイトコントローラーの出番です。

サイトコントローラーは予約を受け取ると、他の接続されている予約サイトにその部屋が予約されて空室ではなくなったことを知らせます。サイトコントローラーが宿泊施設管理システムと統合されている場合には、貴ウェブサイトの空室状況も更新されます。

Sirvoy の宿泊施設管理システムには双方向接続が可能なサイトコントローラーが組み込まれています。それにより、予約サイトから予約が入ると、貴ウェブサイトでもその部屋は利用不可として表示され、逆に貴ウェブサイトから予約が入ると予約サイトでも利用不可として表示されます。便利な仕組みになっていると思われませんか?

Sirvoy のクライアント様方から当社のサイトコントローラーを使用してから時間とストレスがずいぶん減ったという報告を良くいただきます。ここで、いくつかご紹介いたします:

これまでサイトコントローラーを試したことはありませんでした。これなしで今までどうやってきたのかしら? 〜マルセラ

Sirvoy は非常に直感的に使用できるシステムなので、他のシステムと比較して最小限のトレーニングしか必要ありません。価格は非常にリーズナブルで、自社の販売サイトと他の予約サイトの両方と簡単に接続できます。 〜サイモン

すべての接続されている予約サイトにて予約状況が反映され、私たちやゲストが行った予約の修正もアップデートされます。もうオーバーブッキングはありません。〜ビクター

私にとって Sirvoy は無くてはならない武器になりました。当ホテルには5つの部屋しかありませんが、Sirvoy を使用しなかったら直ぐにオーバーブッキングが生じます。〜ロードレス

サイトコントローラーの詳細については、こちらのブログをご覧ください。「貴ビジネスに最適なサイトコントローラーを選ぶ方法」

両方を一緒に使用する

結論として、「宿泊施設管理システム」と「サイトコントローラー」どちらにもそれぞれの役割があり、時間の効率と収益を最大化するには、両方を使用するのが最善です。

しかし、2つの異なるシステムを使用する必要がないように、サイトコントローラーもオプションに含まれている宿泊施設管理システムを見つけることをお勧め致します。そうするなら、予約サイトと貴ウェブサイト間の予約の処理すべてが自動化され、さらにその作業がスムーズに行なわれます。また、サポートに連絡をとる必要が生じた場合にも、2つの異なる会社に連絡を取るのではなく、1つの会社だけで問題を解決することができるということも便利です。