新しい宿泊施設管理システムに切り替えるのに今が最適である理由

今使用している宿泊施設管理システムは、料金が高い割には問題が多く、本当に見合った価値があるのだろうかと思ったことはありませんか?そうであれば、より良くてさらに賢い、そしてよりお手頃価格のシステムに切り替えるには今が最適な時です。Sirvoy予約システムがこれらすべてを達成していることを知り喜ばれることでしょう。

今すぐ切り替えるべき理由

ホスピタリティ業界の業務内容は多く、特にマネージャーが沢山の役割を兼任している規模の小さなビジネスの場合には、まあこれで良いかと妥協してしまうことが多々あります。通常の状況下ではホテルのマネージャーが現在使用している様々なシステムを再評価する時間はほとんどありません。しかし、状況に変化が見られます。

ソフトウェア分析サイトであるToolytipsのアレッサンドロ・フレグニ氏に聞いてみました。フレグニ氏によると、4月中旬頃にロックダウン中に内部作業を改訂する多くのホテルでトレーニング用製品への関心が高まったことに気付き、その後すぐに、ホテルは宿泊施設管理システムのようなホテル運営により根付いたソフトウェアの切り替えに関心が向き始めたとのことです。同氏によると、パンデミックは「インストールベースのシステムからクラウドベースのシステムへの移行を加速させたようだ」とのことです。

切り替えるべき3つの理由

1.時間の余裕

ホテルオーナーがより良いシステムへの切り替えを行わない理由として「時間がない」ことがよく挙げられます。しかし、今それを理由にすることはできません。今は、さまざまなオプションを探すのに最適な時です。ですから、この貴重な機会を無駄にしないでください。まず、日々直面するチャレンジや問題のリストを作成します。そして、別のリストに日常業務をより容易にすると思われるすべての機能を書き出します。市場を調査し、さまざまなシステムをテストして満足できる製品を見つけるようにしてください。新しいシステムを習得し、スタッフにも慣れてもらうにはそれなりの時間がかかりますので、100%確信していないシステムに沢山の時間と労力を費やさないように気を付けてください。

さらに、システムを切り替えた当初はそれなりのチャレンジが生じるということも念頭に入れておくようにしてください。切り替えが最初から完全にスムーズに行くことは現実的ではないため、それなりの気持ちのゆとりを持つことは大切です。そのことを考慮にいれると、今がまさに新しいシステムの持つすべての機能とツールをゆっくり習得するには最適の時であると言えます。新しいソフトウェアに充実したサポートがあるかどうかも必ず確認してください。そのサポートサービスを十分活用して、必要なヘルプやアドバイスを得るようにしてください。

2.働き方の変化

適切なシステムや設備を持っていることは、スタッフのテレワークからゲストとのソーシャルディスタンスに至るまで、貴施設の円滑な運営すべてに影響を与えます。そして、コロナウイルス予防措置のためのソーシャルディスタンスがうまく機能するためには、何らかのテクノロジーの助けが必要となります。もし、日常業務に役立つ最新のテクノロジーを使い始めることを躊躇して来たのであれば、始めるのに今ほど適したときはありません。

前述したフレグニ氏によると、よりユーザーフレンドリーなソフトウェアを探しているホテルからの問い合わせが急増し、何年も変わっていない古風で使い勝手の悪いソフトウェアから、革新的なソフトウェアへの切り替えが起こっているとのことです。パンデミック後に必要だと感じる機能として、オンラインチェックイン、レストランへの非接触型の食事の注文、体温を検出して既存のソフトウェアに自動入力する機能などがあげられています。

より高い料金を支払っているので、より多くを得ていると考えることはできません。

3.運用コストの削減

より手頃な料金を提供するサプライヤーが常にあるものです。より高い料金を支払っているので、より多くを得ていると考えることはできません。逆に、安ければ機能が劣っているという訳でもありません。他のシステムを探すのに今ほど適した時はありません。今、出費を抑える決定をして、わずか数ヶ月で沢山の金額を節約する可能性もあります。最近あった報告によると、ある施設は、宿泊施設管理システムを切り替えることによって年間3,000米ドル以上節約することになったとのことです。その施設は、システムと優れたカスタマーサポートを賞賛して、Sirvoyが以前のシステムよりも多くの点で優れていることを発見してとても喜んでいるとのことでした。

今回のパンデミックは、今あるものが常にあると思ってはいけないことを気付かせるものとなりました。これまで特定の季節や定期的なゲストに依存していたホテルは、新たな方向に目を向けてゲストを獲得しなければならなくなっています。そのため、可能な限り、設備投資(CAPEX)型から事業運営費(OPEX)型に移行するべきでしょう。サーバーベースのシステムに設備投資すると、通常の場合、その調整や更新にかかる費用もあり、コストが高くなってしまいます。しかし、クラウドベースのソフトウェアは、通常の場合、月額料金が安くなります。ほとんどの場合、ユーザーは施設のサイズや状況、さらには収入に基づいてより手頃な価格のパッケージを選択することもできます。クラウドベースのシステムを使用すると、他にも多くの利点があります。それについては、以前の記事から読むことができます。こちらをご覧ください