2021年4月に新しくなった機能

春が訪れ、至る所で草花が成長するのを目にする季節になりました。同様に、Sirvoyも様々な点で成長しました。Sirvoyを更に使い易くするために沢山の機能が改善され新しくなりました。

予約フォーム&Sirvoyウェブサイトビルダー

  • 最新バージョン: 過去の予約フォームを使用する設定になっていたアカウントを除き、全て自動的にバージョン3.0にアップデートされました。引き続き皆さまからの貴重なフィードバックを予約フォームに適用している最中です。
  • 利用規約:ゲストが利用規約を見ることができるようにするオプションを追加しました。ウェブサイトビルダーで利用規約のセクションを表示するかどうかを選択することや、内容を編集することもできるようになりました。バージョン3.0の予約フォームも同様です。設定-> 言語&テキスト-> 追加情報 へと進み、利用規約のテキストやゲストへのその他の重要な情報を入力することができます。
  • 空室状況カレンダー:各予約フォームの設定から、空室状況カレンダーを非表示にするか、折りたたまれたビューで表示するか、または展開されたビューで表示するかを選択できるようになりました。また、設定でゲストが部屋を選択できるようになっている場合、空室状況カレンダーに各ルームタイプで予約可能な部屋数と、各部屋の名前も表示されます。
  • クーポンコード: 予約フォームにクーポンコードを入力するフィールドを表示するか否かを選択できるようになりました。表示するようにする場合には、入力が任意か必須かを選択します。この設定は各予約フォームにて設定します。
  • 予約フォームを表示するオプション: Sirvoyの「スターター」バージョンを使用している場合、ウェブサイトに予約フォームを表示する設定に(設定-> 予約フォーム-> 予約フォームを管理する-> インストール方法)、「予約フォームと連絡先情報のスタンドアローンページ (URL)」のオプションが表示されます。「プロ」バージョンでは、ウェブサイトビルダーを有効にしている場合、代わりに「貴予約フォームを含むSirvoyウェブサイトビルダー (URL)」のオプションが表示されます。

上記に加えて、スムーズに使用できるように、モバイル用のレイアウトやアクセシビリティの修正など、さらに沢山の小さな改善がなされました。

予約フォームと予約の確認フォームの「インストール方法」のアドバンス設定

  • 新しくなったユーザーインターフェースにより、特別提供やイベントなどの特定の目的のために使用する貴ウェブサイトの予約フォームのHTMLやカスタムリンクを簡単に作成できるようになりました。たとえば、チェックイン日、チェックアウト日、ゲスト数を指定することで、URLパラメータとHTML data パラメータを作成することができます。これらのリンクを使用することにより、情報の事前入力された予約フォームをゲストに表示することができます。
  • 予約の入力、または予約の確認処理が完了した後にゲストが自動的にリダイレクトされるカスタマイズされたランディングページを指定することもできます。
重要: 2021年5月1日以降、予約フォームの古い統合方法(iframeに入れた予約フォームやミニ予約フォームを含む)がサポートされなくなり機能しなくなります。それらの方法は、新バージョンの機能に置き換えられます。古い方法が使用されている場合には、ダッシュボードに古い方法でトラフィックが検出された場所を示すメッセージが表示されます。