「Sirvoy」が一つ以上の予約経路(OTAなど)と繋がった時点で、瞬時に自動で相互連動する様になります。

その場合には、「Sirvoy」が「予約経路の管理者」として動き、全ての予約を瞬時に同期させ、「Sirvoy」を使用する事で担当者が全ての予約を一つのカレンダー内で見る事が出来るようになります。

「Sirvoy」はフロントデスク、電話、ホテルのホームページ、オンライン宿泊予約システムなど全てを介して受けた予約の管理をします。

例えば、お客様がホテルのホームページ上の「Sirvoy」の予約エンジン、もしくはホテルのフロントデスクを通じて宿泊予約を入れたとします。すると、「Sirvoy」は瞬時に全ての予約経路(OTAなど)上の空室数などの情報を更新します。

もしくは、もしお客様が「Booking.com」使って1部屋、予約を入れたとすると、その情報が瞬時に「Sirvoy」に送られて、ホテルのホームページとフロントデスク、更にその他の全ての繋がっている予約経路(OTAなど)の空室数を更新します。

上記の機能を使用するにはまず初めに、予約経路(OTAなど)と「Sirvoy」上の「予約経路管理機能」を対応付けする必要が有ります。