「Sirvoy」は自動で貴施設の予約状況をアップデートしたり、予約を「Expedia (エクスペディア)」から受け取る事が出来ます。

次の手順に従って接続を設定します:

1.     「Expedia Partner Central」にログインし、こちらのPDFの手順に従い接続を依頼します。貴施設の価格モデルがOBP (Occupancy based pricing)とLAR (Lowest Available Rate 最低価格の料金プラン) で設定されている事を確認します。もし設定で不確かな点がある場合は、貴施設のアカウントの担当者にご相談ください。

2.    通常の場合24時間以内に、貴施設のルームタイプを対応付けして頂く旨を伝えるEメールをお送り致します。Settings -> Channels -> Expedia にお進み下さい。「エクスペディア」で利用可能なルームタイプを「Sirvoy」の方で対応する利用可能なルームタイプに対応付けします。「料金タイプを自動で更新する」の設定を利用可能にする事をお勧めします。もしこの機能を利用可能にしない場合は、料金タイプの更新を手動で行う必要が生じます。対応付けが完了すると、自動で接続します。

3.     接続が完了すると直ちに、部屋の予約が可能になるので、全てのルームタイプに正しく制限が掛けられているかを確認します。

4.    ルームタイプの対応付けを行った時に、料金タイプの自動更新を利用可能にしなかった場合は、Settings -> Channels -> Expedia に進み「料金の更新を送る」をクリックし、その後の手順に従います。もし料金タイプが自動で更新される設定にしたい場合はもう一度 Settings -> Channels -> Expedia に戻り「変更」をクリックします。「料金タイプを自動で更新する」の設定を利用可能にします。

5.   現時点で Expedia を通してクレジットカード情報を受け取っている場合、接続後は Expedia のエクストラネットで見る代わりに Sirvoy との接続を通して受け取るようになります。クレジットカード情報へのアクセスを可能にするためには「Sirvoy セキュアストレージ」機能を使用する必要があります。Sirvoy で Stripe との接続を利用している場合には、クレジットカード情報は自動的に Stripe にも保存されます。更に詳しい情報については、「Stripe を使って予約サイトから送られてくるクレジットカード情報を受け取る」の記事をご覧ください。

6.     「Sirvoy」と接続する前に「エクスペディア」から受け取った予約は自動で「Sirvoy」に引き出されたり、登録されることは有りません。手動で「Sirvoy」にインポートされる必要が有ります。もしそうした予約が大量に有る場合は、当社が喜んでお手伝い致します。こちらの手順をご覧下さい。

注意: 貴施設の料金がご自分の予約経路のエクストラネットで OBP (Occupancy based pricing) と LAR (Lowest Available Rate 最低価格の料金プラン) に設定されている事をご確認下さい。一度接続が完了すると料金タイプ、予約状況、制限などを「エクスペディア」のログインからは変更出来なくなります。全ての変更は「Sirvoy」から行われる必要が有ります。「Sirvoy」上で変更されると2分程度で「エクスペディア」に自動で反映されます。それでも時折「エクスペディア」ログインから予約状況や料金タイプなどの変更が正しく反映され、きちんと同期されているか確認する事をお勧めします。万が一、何方かの技術的な問題により接続に問題が生じると、「エクスペディア」はEメール、もしくはファックスで予約を貴施設まで送信します。

注意: Sirvoyとチャネルとの間で予約状況は瞬時に同期されますが、同じ客室を複数のチャネルで同時に販売する場合には少なからずオーバーブッキングのリスクが発生します。例えば、貴施設のウェブサイトと他の予約チャネルで同時に最後の客室が予約されてしまうかも知れません。この様なケースは人気のあるホテルでも稀にしか生じません。しかし、オーバーブツキングが発生した場合には速やかに予約チャネルへ連絡を取って下さい。チャネルのパートナーサービスは貴施設との同意事項に合わせて解決策を提示してくれることでしょう。