Pro バージョンをお使いの場合、部屋の利用可能状況を iCal フォーマットをサポートしているバケーションレンタルのウェブサイトと共有することが出来ます。iCal channel の中には、自動で予約を引き出すシステムをサポートしているものもあります。

iCal は、ある特定の部屋をカレンダー上で表すファイル形式です。既に予約が入っている、又は利用できない部屋はカレンダー上でその旨表示されるので、いつその部屋が空室なのか見て直ぐに分かります。

  1. 設定 -> チャネル -> iCal と進み「変更」をクリックします。
  2. 利用可能状況を共有したい部屋のところで「エクスポートURLを作る」をクリックします。
  3. 表示されるURLをコピーして利用したい全ての iCal channel と共有します。チャネルが定期的にそのURLへ連絡すると、その都度 Sirvoy は部屋の利用可能状況を返信します。Airbnb でどのように iCal カレンダーをインポートするかについてはこちらをご覧下さい。
  4. 特定の iCal channel でのみ予約の自動インポートは利用可能です。「形式を選んで下さい」をクリックして、現時点でサポートされているチャネルをお調べ下さい。そこにある以外の iCal channel から予約を引き出したい場合には、そのチャネルの形式がサポートされているチャネルのどれかと同じ場合には接続することが可能です。その際にはそのチャネルのURLを受け入れる必要が有りますので support@sirvoy.com 迄ご連絡下さい。
  5. それぞれのチャネルからエクスポートURLをコピーして「iCal URL をここに入力する」のフィールドに貼り付けて下さい。Airbnb については、こちらからどのように Airbnbカレンダーをエクスポートするかの説明をご覧下さい。ここに載せられていない iCal channel からの予約は Sirvoy へ手動で登録される必要が有ります。

以下の点にご注意下さい:

  • 予約内容の変更(キャンセルを含む)は Sirvoy に自動で反映されませんので手動で入力して下さい。
    (予約日付の変更のみ自動で反映されます)
  • Airbnb の場合、確定した予約のみ Sirvoy へインポートされ確認することが出来ます。確定していない予約のリクエストや仮予約はインポートされません。
  • VRBO や HomeAway の場合には予約のリクエストの場合も Sirvoy へ反映されるので、VRBO や HomeAway のエクスポートカレンダーURLリンクの設定を「仮予約ではない(non tentative)」に設定することをお勧めします。万が一、仮予約が Sirvoy へインポートされると HomeAway のカレンダー上で状況が「Conflict」として表示される可能性が有ります。
  • Sirvoy は iCal の場合にはかなり限られた予約情報しか入手出来ません。部屋の料金、宿泊者数、ルームタイプの情報はチャネル側から送られてきません。そのため予約の宿泊者数はデフォルトで1名として設定されており、もしある特定の部屋が複数のルームタイプで使用されている場合、設定 -> 客室で最初になるルームタイプが使用されます。予約の部屋料金は Sirvoy のそのルームタイプの宿泊者数1名の料金(料金の変更も含む)が設定されます。
ご注意下さい:チャネル側が部屋の利用可能状況をチェックする為にURLに連絡を取る頻度を Sirvoy はコントロールすることが出来ません。チャネルによっては、一日に一度のみチェックを入れるなどあまり頻繁ではありません。更にほとんどのチャネルは Sirvoy が新しい予約を調べる頻度に制限を設けています。例えば、Airbnb の場合には Sirvoy が新しい予約の確認を出来るのは30分毎とされています。その為、iCal フォーマットを利用する場合にはある程度の遅延があることをご了承下さい。この遅延の為にオーバーブッキングが生じる可能性もあることをご考慮ください。