プロバージョンをご利用の場合、iCal形式をサポートする予約サイトへ空室状況を送信(一方向接続)することができます。iCal形式の予約サイトの中には入った予約を自動的に Sirvoy へインポートすることもできる(二方向接続)予約サイトもあります。

iCal は、ある特定の部屋をカレンダー上で表すファイル形式です。既に予約が入っている、又は利用できない部屋はカレンダー上でその旨表示されるので、いつその部屋が空室なのか見て直ぐに分かります。

  1. 設定 -> チャネル -> iCal と進み「変更」をクリックします。
  2. 利用可能状況を共有したい部屋のところで「エクスポートURLを作る」をクリックします。
  3. 表示されるURLをコピーして利用したい全ての iCal channel と共有します。チャネルが定期的にそのURLへ連絡すると、その都度 Sirvoy は部屋の利用可能状況を返信します。Airbnb でどのように iCal カレンダーをインポートするかについてはこちらをご覧下さい。
  4. 予約が自動的にインポートされるのは、二方向接続をサポートするiCal予約サイトからのみになります。「形式を選んで下さい」をクリックして、現時点でサポートされているチャネルをお調べ下さい。そこにある以外の iCal channel から予約を引き出したい場合には、そのチャネルの形式がサポートされているチャネルのどれかと同じ場合には接続することが可能です。その際にはそのチャネルのURLを受け入れる必要が有りますので support@sirvoy.com 迄ご連絡下さい。
  5. それぞれのチャネルからエクスポートURLをコピーして「iCal URL をここに入力する」のフィールドに貼り付けて下さい。Airbnb については、こちらからどのように Airbnbカレンダーをエクスポートするかの説明をご覧下さい。ここに載せられていない iCal channel からの予約は Sirvoy へ手動で登録される必要が有ります。

以下の点にご注意下さい:

  • Sirvoy で設定された料金は、iCal予約サイトには送信されません – 空室状況のみが送信されます。それゆえに iCal予約サイト側のアカウントで料金を設定する必要があります。
  • 予約内容の変更(キャンセルを含む)は Sirvoy に自動で反映されませんので手動で入力して下さい。
    (予約日付の変更のみ自動で反映されます)
  • Airbnb の場合、「設定」 -> 「予約サイト」 -> 「iCal」 にて「予約を引き出す(インポート)」機能を有効にすると、予約リクエストと承認済み予約の両方が Sirvoy にインポートされますのでご注意ください。予約リクエストを Airbnb で拒否しても、Sirvoy から次の空室状況の更新が Airbnb に送信されると、Airbnb にもう一度その予約が表示されてしまいます。解決策: 上記の状況になることを避けるために、Airbnb で予約リクエストを拒否した場合、必ず Sirvoy からも直ちに手動でその予約を削除してください。
    この手動の作業を行いたくない場合には、Sirvoy にて「予約を引き出す (インポート) 」機能を無効にする必要があります。ご注意ください: Sirvoy にて「予約を引き出す (インポート) 」機能を無効にする場合には、 Airbnb からの予約は Sirvoy へ手動で入力する必要があります。手動で入力する場合にはオーバーブッキングのリスクが高まる可能性があることにご留意ください。したがって当社としては、「予約を引き出す (インポート) 」機能を無効にすることはお勧め致しておりません。
  • VRBO や HomeAway の場合には予約のリクエストの場合も Sirvoy へ反映されるので、VRBO や HomeAway のエクスポートカレンダーURLリンクの設定を「仮予約ではない(non tentative)」に設定することをお勧めします。万が一、仮予約が Sirvoy へインポートされると HomeAway のカレンダー上で状況が「Conflict」として表示される可能性が有ります。
  • iCalから入る予約の場合、Sirvoy が受け取る情報量はごくわずかです。部屋料金、ゲスト数、ルームタイプ、ゲスト名は予約サイトから送信されません。ゲストの「名前」が表示されるフィールドは「No Name」として表示されます。
  • 予約のゲスト数は、デフォルトで1名に設定されています。もし、その部屋が Sirvoy にて複数のルームタイプで使用されている場合、「設定」-> 「客室」の「並べ替える」の順番でより上に表示されるように設定されているルームタイプが使用されます。したがって、部屋料金は、そのルームタイプにおいて「1人の料金」として設定されている料金になります(料金の変更が設定されている場合にはその変更も適用されます)。
ご注意下さい:チャネル側が部屋の利用可能状況をチェックする為にURLに連絡を取る頻度を Sirvoy はコントロールすることが出来ません。チャネルによっては、一日に一度のみチェックを入れるなどあまり頻繁ではありません。更にほとんどのチャネルは Sirvoy が新しい予約を調べる頻度に制限を設けています。例えば、Airbnb の場合には Sirvoy が新しい予約の確認を出来るのは30分毎とされています。その為、iCal フォーマットを利用する場合にはある程度の遅延があることをご了承下さい。この遅延の為にオーバーブッキングが生じる可能性もあることをご考慮ください。