オーバーブッキングが起きると警告Eメールが届き、また予約詳細ページにもメッセージが表示されます。オーバーブッキングの警告メッセージには予約内容が表示されます (ルームタイプ、予約人数、予約の日付、他)。その内容を予約状況と見比べて、何が足りないのか問題を探します。大抵の場合、利用可能な部屋が無い、もしくはお客様の滞在予定日全てに、部屋を提供出来ない事が考えられます。

もしお客様が滞在できる様に調整出来る場合:

  1. 手動でその予約に部屋を割り当てます。その際、予約されたルームタイプの部屋、もしくは同等の部屋を割り当てます。
  2. オーバーブッキングが解決した事を記載します。

もしお客様が滞在出来るように調整出来ない場合:

  1. 出来るだけ早く、その予約経路(OTAなど)に連絡を取り状況を説明します。「Sirvoy」がホテルの代わりに予約経路に連絡を取る事は出来ません。
  2. もし予約経路(OTAなど)側が、その予約をキャンセル、もしくは日付を変更する点で同意したので有れば、その情報が「Sirvoy」に送られた時点で、自動でその情報は更新されます。

ご確認ください:

  • 「Sirvoy」上で予約のキャンセルをしても、予約経路(OTAなど)上の予約状況には反映されません。もし予約がキャンセルされる場合は、まず先に予約経路(OTAなど)の方で変更される必要が有ります。
  • 予約経路(OTAなど)との契約に寄っては、ホテル側が代わりの部屋を用意する必要がある場合も有ります。
  • もしホテル側が直接お客様に連絡を取り、代わりの条件を提示するなら、もしかするとお客様は予約経路(OTAなど)を通して予約のキャンセル、もしくは変更する事に同意するかも知れません。

オーバーブッキングする理由は様々です。もし沢山のオーバーブッキングが出るので有れば、どの様にして今後のオーバーブッキングを減らすかの見直しや手助けが必要かも知れません。「Sirvoy」のサポートにご連絡下さい。このページの関係する記事もお役に立つかも知れません。