新しい予約経路(OTAなど)を利用する前に、ルームタイプの対応付けをする必要が有ります。これは「Sirvoy」上のどのルームタイプが予約経路(OTAなど)上の既存のルームタイプに適合するのかを登録するという事です。対応付けにより、2つの異なるシステム間を変更や予約情報が行ったり来たりする中、どのルームタイプを指しているのか相互に理解出来る様にします。

  1. Settings -> Channels に進み、対応付けしたい予約経路で「変更」をクリックします。
  2. 予約経路(OTAなど)のルームタイプのリストと利用可能な料金タイプを見る事が出来ます。
  3. 各ルームタイプと料金タイプに対して、「Sirvoy」の対応するルームタイプをドロップダウンメニューから選びます。(もし対応付けする必要のある料金タイプが沢山ある場合は、「Sirvoy」上で新しく複製されたルームタイプを作成する必要が有るかも知れません。)
重要: 「Sirvoy」のアカウントで使用している通貨と、予約経路(OTAなど)で使用する通貨が同一で有る必要が有ります。「Sirvoy」アカウントで使用する通貨を変更したい場合はこちらから行えます: Settings -> Your account -> Localization.