一番良い方法は、ゲスト本人が予約サイトのページから、予約の変更またはキャンセルを行なうように依頼することです。そうすることにより、空室状況が正確に表示され、オーバーブッキングのリスクを減らし、予約サイトとSirvoyで予約内容が共有されます。

しかしながら、やむを得ずに予約サイトからの予約をSirvoyでのみ変更またはキャンセルする場合には、以下の点にご留意ください。

  • 予約サイト側にはその情報は反映されません。
  • 予約がSirvoyで最初にキャンセルされ、後から予約サイトでキャンセルされた場合、空室状況に問題が発生し、結果としてオーバーブッキングにつながる可能性があります。

もし、ホテルが予約サイトのエクストラネットから予約の変更やキャンセルを行なうことがその予約サイトにより許可されている場合、その予約はSirvoyでも自動的に変更またはキャンセルされ、通常の場合、問題は生じません。しかしながら、以下の例外があります。

ご注意ください: Expediaは、ホテルがExpedia Partner Centralから予約をキャンセルできるようにしています。この機能をご利用いただけますが、この場合ExpediaはSirvoyにその更新内容を送信しないため、手動でSirvoyでもその予約をキャンセルする必要があります。

ご注意ください:他の予約サイトとは異なり、iCalで接続している予約サイトは通常の場合、予約の変更をSirvoyに送信しません。唯一の例外は、日付の変更が行われた場合であり、その場合にはSirvoyへ変更内容が送信されます。他のすべての変更は手動で処理する必要があります。