SirvoyAgodaへ自動で貴施設の空室状況をアップデートし、また予約の受け取りも自動で行うことが出来ます。

以下の手順に従って接続します:

  1.  Agodaの貴施設アカウントの担当者にSirvoyXMLを使用して接続したいことを伝えます。
  2.  Agodaの承諾を得た後、設定 -> 予約サイト -> Agoda へと進みます。
  3.  Agoda ホテル IDを入力し、「保存」をクリックします。
  4.  次に、Agodaで利用可能なルームタイプを、対応するSirvoyのルームタイプにマッピングするよう求められます。
  5.  接続が完了すると直ちに、部屋の予約が可能になるので、必要に合わせて全てのルームタイプに正しくリストリクション(販売制限)が掛けられていることを確認します。
  6.  マッピングが完了したら、Sirvoyのサポートに連絡します。Sirvoyが接続を完了し、利用出来るようになります。
  7. 現時点でAgodaを通してクレジットカード情報を受け取っている場合、接続後はAgodaのエクストラネットで見る代わりにSirvoyとの接続を通して受け取るようになります。クレジットカード情報へのアクセスを可能にするためには「Sirvoy セキュアストレージ」機能を使用する必要があります。SirvoyでStripeとの接続を利用している場合には、クレジットカード情報は自動的にStripeにも保存されます。更に詳しい情報については、「Stripe を使って予約サイトから送られてくるクレジットカード情報を受け取る」の記事をご覧ください。
ご注意ください: 接続が完了すると料金(レート)、空室状況、リストリクション(販売制限)などをAgodaのログインからは変更出来なくなります。代わりに、全ての変更はSirvoyにて行われる必要があります。Sirvoy上で行われた変更は2分程度でAgoda.comに自動で反映されます。それでも時折Agodaのログインから空室状況、料金、予約などへの変更が正しく反映され、きちんと同期されているか確認することをお勧めします。
ご注意ください: Sirvoyと予約サイトとの間で空室状況は瞬時に同期されますが、同じ客室を複数の予約サイトで同時に販売する場合には少なからずオーバーブッキングのリスクが発生します。例えば、貴施設のウェブサイトと他の予約サイトで同時に最後の客室が予約されてしまうかも知れません。この様なケースは人気のあるホテルでも稀にしか生じません。しかし、オーバーブツキングが発生した場合には速やかに予約サイトへ連絡を取って下さい。予約サイトのパートナーサービスは貴施設との同意事項に合わせて解決策を提示してくれることでしょう。