Sirvoyは自動で貴施設の空室状況をアップデートしたり、予約をBooking.comから受け取ることができます。

下記の8をご覧ください。

接続をアクティベートするには以下の手順に従って下さい:

  1. 貴施設のBooking.comアカウントの担当者にXML経由でSirvoyを通して接続したい意向を伝えます。その際に「パートナー ID」が289である事を伝えます。確認後にBooking.comの担当者からXML合意書と接続方法の手順についてを受け取ります。
  2. 当社がBooking.comから貴施設のXML接続の情報を受け取った後に、ルームタイプをマッピング してくださいとのEメールをお送り致します。設定 -> 予約サイト -> Booking.com にお進み下さい。Booking.comで利用可能なルームタイプをSirvoyの対応するルームタイプにマッピングするよう求められます。「料金 (レート) を自動で更新する」の設定を利用可能にすることをお勧めします。もしこの機能を利用可能にしない場合は、料金の更新をその都度手動で行なう必要があります。
  3. 接続が完了すると即座に部屋の予約が可能になるので、必要に合わせて全てのルームタイプに正しくリストリクション (販売制限) が掛けられていることを確認します。
  4. 現存する予約の内容に変更が加えられた場合にその変更内容がSirvoyに正しく反映されるようにするために、貴施設の Booking.comの設定で現在使われていないルームタイプがBooking.comの現存する予約に使われていないことを確認して下さい。また、Booking.comSirvoyの接続をリクエストしてから完了するまでの間は、Booking.comにおいてルームタイプの設定を変更しないで下さい。
  5. 貴施設によるマッピング作業が完了すると、弊社のサポートチームにマッピングの確認作業をするように自動的に連絡が入ります。その後、弊社から確認済みの連絡がBooking.comに送信されます。プロバイダー(Sirvoy)に自動的に接続するよう選択したかどうかに応じて、接続が有効になったことを知らせるメールか、もしくは接続を有効にする方法を説明するメールがBooking.comより送られてきます。Booking.comに料金が正しく表示されるようにするために、Booking.com側での正しい料金設定に関するこちらの記事をご覧ください。
  6. ルームタイプのマッピングの時に「料金 (レート) を自動で更新する」を利用可能に設定しなかった場合には、設定 -> 予約サイト -> Booking.com に進み「料金 (レート) の更新を送信する」をクリックして、その後の指示に従って下さい。もし料金 (レート) が自動で更新されるように設定し直したい場合には、 設定 -> 予約サイト -> Booking.com へ進み「変更」をクリックします。そして「料金 (レート) を自動で更新する」の設定を利用可能にして下さい。
  7. もしBooking.comからクレジットカード情報を受け取っている場合、接続が完了するとカード情報はエクストラネットで見る代わりに Sirvoyへの接続を通して送られるようになります。クレジットカード情報にアクセスするためにはSirvoy セキュアストレージ機能をご利用頂く必要があります 。SirvoyStripeとの統合をご利用になっている場合には、カード情報は自動でそちらにも保存されます。

接続が完了すると、接続以前にBooking.comから受け取り済みの今後の予約は当社の方でインポート致します。これにより今後の予約の変更やキャンセルが正しく扱われるようになります。それらの予約を手動でSirvoyへ入力しないで下さい。もし予約が手動でSirvoyに登録されて、さらに後から自動で読み込まれてしまうとオーバーブッキングとして表示されてしまいます。

ご注意下さい: 接続が完了すると、Booking.comのログインページから料金、在庫、リストリクション(例外についてはこちらからご確認ください)などを変更することはできなくなります。すべての変更はSirvoyにて行われる必要があります。Sirvoyで変更されると、数分以内にBooking.comに反映されます。しかしながら、時折Booking.comログインにて、空室状況、料金、予約が正しく更新および同期されていることを確認することをお勧め致します。

ご注意下さい: Sirvoyと予約サイトとの間で空室状況は瞬時に同期されますが、同じ客室を複数の予約サイトで同時に販売する場合には少なからずオーバーブッキングのリスクが発生します。例えば、貴施設のウェブサイトと他の予約サイトで同時に最後の客室が予約されてしまうかも知れません。こうしたケースは人気のあるホテルでも稀にしか生じません。しかし、オーバーブツキングが発生した場合には速やかに予約サイトへ連絡を取って下さい。予約サイトのパートナーサービスは貴施設との同意事項にそった解決策を提示してくれることでしょう。