ルームタイプとルームレート(料金)は同じではありません。ルームタイプは、部屋を表します。レート(料金)は、その部屋の特定のタイプの料金を表します。例えば、「ダブルルーム」(ルームタイプ)は、5,000円(レートA)で販売できますが、7,500円(レートB)で販売することもできます。

部屋を異なる料金で販売したい場合には、予約サイト側で異なる「ルームタイプ」としてではなく、必ず、異なる「 レート(料金) 」として設定してください。そうしないと、予約サイトは貴施設に実際の部屋数よりも多い部屋数があると考えてしまいオーバーブッキングにつながります。

例:貴宿泊施設には1部屋のみあるものとします。そして、その部屋をシングルルームとダブルルームの両方として提供したいとします。この部屋を予約サイトにて2つのルームタイプとして設定すると、予約サイトは貴宿泊施設には2部屋あるものとみなすため、この設定は誤りです。ゲストが両方の部屋を同時に予約すると、オーバーブッキングになってしまいます。

正しく設定するには、予約サイトにて異なるルームタイプとしてではなく、異なるレート(料金)として登録してください。