「Sirvoy」ウィジェットを追加する時に、「データコールバック」を指定する事により、イベントをキャッチし独自のカスタムスクリプトを実行する事が出来ます (以下の例をご覧下さい)。通常は「booking_completed」のイベント情報だけで充分かも知れません。

現時点で、以下のイベントが利用可能です:

  • page_search – 検索フォームを表示する時に実行されます。
    • データ: user_data (arrivalDate, departureDate, totalAdults, category)
  • page_results – 検索結果を表示する時に実行されます。
    • データ: user_data (page_searchと同じです)
  • page_details – お客様情報の入力フォームを表示する時に実行されます。
    • データ: user_data (page_searchと同じです)
  • page_payment – 支払い情報が表示された時に実行されます。 (利用される決済サービスによります。)
    • データ: payment_data (payment_processor), booking (JSONオブジェクトの予約 – 決済が必要かオプションかにより、一時的もしくは最終的か決まります。)
  • booking_completed – 予約が確定し完了した時に実行されます。通常は「page_thanks」のイベントと組みで実行されますが、もし決済がオプションで設定されている場合は「page_payment」イベントと組みで実行されます。
    • データ: booking (JSON オブジェクトの予約完了)
  • page_thanks – 予約の確認ページを表示する時に実行されます。
    • データ: booking (JSONオブジェクトの予約完了)

以下は、利用可能なイベントと関連するデータを調べる例です。必ず「data-form-id」をご自分の予約エンジンIDに置き換えてご利用下さい。