どの様に客室料金プランの合計金額の端数切り捨てをするか選ぶ事が出来ます。通常は小数点以下2桁まで使用する事をお勧めしますが、 場合によっては少数点以下5桁まで使用する方が良いかも知れません。Settings -> Your account -> Localization に進み、客室の料金プランがシステムに保存された時に小数点以下2桁を使うか、5桁を使うか選びます。

例えば、お客様が異なる料金で3泊(8,000円+8,000円+8,500円)を予約した場合、どの様に平均料金の端数切り捨てが設定され保存されたかで違いが生じます。もし平均料金が少数点以下5桁で保存される場合(8,166.66667円)、端数切り捨てされた金額の合計は24,500円になります。しかし、料金プランの平均が少数点以下2桁で保存される場合(8,166.67円)、端数切り捨てされた金額の合計は24,500.01円になります。

(今後のアップデートでは、平均料金ではなく、1泊ずつの料金を保存する事でこの問題を解決する予定です。)

ヒント: 領収書や請求書の端数切り捨てについては、関連記事をご覧下さい。