Sirvoy セキュアストレージ」機能によりクレジットカード情報を安全に予約内容に保存することが出来ます。この機能は2ファクタ認証、更にトークン化と元情報に戻すツールを使用します。この機能は「設定 > 支払 & 領収書/請求書 > Sirvoy セキュアストレージ」からアクティベートすることが出来ます(利用するには「Sirvoy プロ」バージョンが必要です。)。予約内容の左下にある「カード情報」に表示されます。

様々な場所からクレジットカード情報を収集する

  1. 電話やフロントデスクで受け取ったクレジットカード情報を作成した予約内容の「カード情報」に保存する。
  2. 接続されている予約サイトから受け取ったクレジットカード情報を自動で保存する。
  3. オンライン予約フォームから入る予約のクレジットカード情報を自動的に保存します。この設定を有効にするには、「カード支払い」の設定のドロップダウンリストの中から「Sirvoy セキュアストレージ」(オンライン決済プロバイダーの代わり)を選択して下さい。

クレジットカード情報を Stripe に送って予約内容に登録されているカードから料金を徴収する

カード情報を受け取った後、予約内からその情報を Stripe に転送してそのカードから料金を受け取ることができます。そのためには、Sirvoy アカントの「カード支払」で Stripe が決済プロバイダーとして選択されてアクティベートされている必要があります。

クレジットカード情報を Stripe に送信して即座に料金を徴収するためには、以下の手順に従って下さい:

  1. 予約詳細ページの「支払い」セクションにある「カードから料金を徴収する」をクリックします。
  2. 新しく開かれたページ上で「新しいカードを追加する」を選択します。
  3. Sirvoy セキュアストレージに保存されているカードを追加する」に表示されるカードの中から使用したいカードを選択します。
  4. Stripeに登録されているカードから料金を徴収する」のページにて、そのカードが選択された状態で表示されます。表示される情報が正しいことを確認した後に「カードから料金を徴収する」をクリックしてその場で料金を徴収します。予約詳細ページの「支払い」セクションに Stripe を使用して支払われたことが表示されます。

ご注意ください: 予約サイトからバーチャルカードが提供される場合、通常「Sirvoy セキュアストレージ」にのみ保存されるため、料金を受け取るには後からそれを Stripe に転送する必要があります。

ご注意ください: Sirvoy セキュアストレージ」をアクティベートし、さらに Stripe に接続する場合、予約サイトから送られてくるゲストのクレジットカード情報と、場合によっては、予約サイトのバーチャルカードも Stripe と 「Sirvoy セキュアストレージ」の両方に保存されます。ただし、予約フォームから入った予約の場合、クレジットカード情報は Stripe にのみ保存されます。

保存、セキュリティー、EU一般データ保護規則

EU一般データ保護規則(GDPR)に準拠して、クレジットカード情報はチェックアウトの後、30日間のみ「Sirvoy セキュアストレージ」に保存されます。クレジットカード情報がチェックアウトの後に追加された場合には、その30日後に削除されます。

しかしながら、GDPRは支払いが完了するまでホテルがクレジットカード情報を保存することを許可しています。ゲストはGDPRを理由にしてその前にホテルが情報を削除するように求めることは出来ません。

Sirvoy セキュアストレージ」機能はいつでも無効にすることができます。無効にすると、すべてのクレジットカード情報が予約すべてから削除されます。バックアップは作成されないため、一度削除されるとそれらの情報は復元できませんのでご注意ください。

このサービスは信頼出来る第三者のサービスによるものです。クレジットカード情報は Sirvoy のシステムやサーバーには保存されません。