重要: この記事では、Sirvoy予約フォームのコードをさらに高度にカスタマイズして使用する方法について説明します。実行するにはウェブ開発の知識が必要となります。

ウェブ開発者であれば、ゲスト用の予約フォームをルームタイプや日付が既に選択された状態の予約フォームの設定以外にも様々にカスタマイズして使用することができます。

代わりのシンタックスコード

通常のコードを使用することができないウェブサイトでも使用できる、代わりのシンタックスコードがあります。通常の場合と同じ機能をすべてサポートながらも、こちらは一般的なJavaScriptであるため、他のコードと簡単に統合することができます。

この代わりのシンタックスは、Sirvoy予約フォームを中心に独自のコードを作成したいウェブ開発者の役に立ちます。

代わりのシンタックスコードを取得するには以下の手順に従ってください。

  1. 設定 -> 予約フォーム -> インストール方法 へと進みます。
  2. 「アドバンス設定」をクリックします。
  3. 「問題が生じていますか? 別のシンタックスを使用する」にチェックを入れます。
  4. 「このコードをコピーする」に表示される代わりのシンタックスをコピーします。

使用例

沢山の使用方法がありますが、以下にいくつかの例を挙げます。

  • 1つまたは複数のSirvoy予約フォームにリンクする独自の検索バーを作成する。
  • 1つのウェブサイト上で複数の宿泊施設を管理している場合、ゲストが先に宿泊施設を選択できる独自のインターフェイスを作成して、その後に、Sirvoy予約フォームにて部屋の検索結果が表示されるようにします。この場合、1つのSirvoyアカウントの複数の予約フォーム、または複数の異なるSirvoyアカウントの予約フォームにリンクさせることもできます。

ご注意ください: 同じグループに含めることのできる予約は25個までです。