GoogleアナリティクスMetaピクセルのトラッキングが予約フォーム用に構成されている場合、予約フォーム(または「予約の確認」機能)がウェブページに読み込まれたときにトリガーされます。予約フォームにカスタムJavaScriptコールバックを設定すると、このトリガーをコントロールすることができるようになります。これは、まだ同意されていないCookie同意バナーと組み合わせたり、特定のイベントのみをトリガーさせたい場合などに役立ちます。

ご注意下さい:この設定には、JavaScriptコールバックの基本的な知識が必要となります。サポートが必要な場合は、ウェブ開発者に相談することをお勧めします。

始める前に

  • 貴ウェブページにカスタムスクリプトを追加します。

予約フォームでのトリガーをコントロールする

JavaScriptコールバックを追加する

  1. 戻り値
    • 特定のイベントのトリガーを発生させないようにするには、カスタムスクリプトから「false」を返します。
    • トラッキングをトリガーするにはその他の値(または空の応答)を返します。
  2. Sirvoy上で、設定 -> 予約フォーム -> インストール方法 へと進み、「アドバンス設定」をクリックします。
  3. 「JavaScriptコールバック関数」フィールドに、呼び出したい関数名を入力します。
  4. 「このコードをコピーする」に表示されるコードをコピーします。
  5. そのコードを貴ウェブページに入力して 予約フォームをインストールします。

これで、予約フォーム上でゲストが実行するステップごとに関数が呼び出されます。

ご注意下さい:「予約の確認」機能にJavaScriptコールバックを設定するには、設定 -> 予約の確認 -> インストール方法 へと進んで下さい。

予約フォームのフローで発生するイベント:

  • page_code_required – クーポンコードを入力するフィールドが表示されると発生します(貴予約フォームでクーポンコード入力フィールドが表示されるように設定されている場合)。
  • page_search – 検索フォームが表示されると発生します。
  • page_results – 検索結果ページが表示されると発生します。
  • page_details – ゲスト情報入力ページを表示すると発生します。
  • page_pending – 予約完了のステップの前で、オンライン決済プロバイダーから戻った後、もしくはオンライン決済プロバイダーを使用していない場合にはpage_detailsイベントの後に発生します。
  • page_confirmation – 予約完了のステップにて、オンライン決済プロバイダーから戻った後、もしくはオンライン決済プロバイダーを使用していない場合にはpage_detailsイベントの後に発生します。
  • booking_completed – 予約完了ページが表示され、予約完了したときに発生します。

ご注意下さい:検索結果ページでカスタムフォトギャラリーを使用すると、「gallery_init」と「gallery_open」のイベントも発生します。

「予約の確認」機能でのトリガーをコントロールする

JavaScriptコールバックを追加する

  1. 戻り値
    • 特定のイベントのトリガーを発生させないようにするには、カスタムスクリプトから「false」を返します。
    • トラッキングをトリガーするにはその他の値(または空の応答)を返します。
  2. Sirvoy上で、設定 -> 予約の確認 -> インストール方法 へと進み、「アドバンス設定」をクリックします。
  3. 「JavaScriptコールバック関数」フィールドに、呼び出したい関数名を入力します。
  4. 「このコードをコピーする」に表示されるコードをコピーします。
  5. そのコードを貴ウェブページに入力して 「予約の確認」機能をインストールします。

これで、「予約の確認」機能でゲストが実行するステップごとに関数が呼び出されます。

「予約の確認」機能のフローで発生するイベント:

  • page_review_search – 「予約の確認」機能の検索ページを表示すると発生します。
  • page_review_booking – 「予約の確認」ページを表示すると発生します。
  • page_review_pending – 「予約の確認」機能を介して任意の支払いが行われた後に発生します。このイベントの後、「予約の確認」ページが再度表示され、「page_review_booking」イベントが再度発生します。

こちらもご確認ください

以下のコードを使用して、ウェブ開発者コンソールですべてのイベントを印刷して、利用可能なイベントとそれに関連するデータを調べることが出来ます。


      <script>
         function customEventHandler(data) {
            console.log("Got Sirvoy custom JS event: " + data.event);
            console.dir(data);
        }
      </script>